ABCクリニック 評判がよく安さだけではないABCクリニック!


包茎手術をする前に知っておきたいこと

包茎手術をする前に知っておきたいこと記事一覧

包茎手術のツートンカラーを避ける方法

ツートンカラーは病気ではありませんが、ペニスの見た目は悪くなります。手術が失敗したり、間違った手術法を選択しないようにする方法をご紹介します。ツートンカラーとはどんな症状なの?包茎手術によって引き起こされる後遺症の一つがツートンカラーです。長茎の途中で包皮を切除し、縫合されてしまう事で剥きたての包皮...

≫続きを読む

包茎手術のペリカン変形は避けられるのか?

ペリカン変形になってしまうと、勃起やセックスだけでなく、女性に対して奥手になってしまうなど、人生に大きく影響します。ペリカン変形を避けるには実績の豊富な医師を見つけるしかありませんが、現実は難しいです。ペリカン変形と包茎手術の関係を把握すことで、どんなクリニック選びが必要になるのかを紹介します。ペリ...

≫続きを読む

包茎手術をすると感度が落ちるのか?

包茎手術で引き起こされる後遺症の一つに感度低下があります。感度低下による性生活への影響は、それほど深刻ではありません。包茎手術で感度を落とさないようにする方法は経験豊富なクリニックを選ぶことです。それに、自分でできる感度回復のマッサージもあるんです。包茎手術で引き起こされる後遺症泌尿器科医師会で報告...

≫続きを読む

包茎手術のひきつり感などのペニス異常を避けるためには?

包茎手術後のペニス異常としてつっぱり感やひきつり感があります。つっぱり感やひきつり感はそれぞれ違った原因がありますが、共通している点は、執刀医が縫合テクニックが足りていないことにより生じるものです。ペニス異常を避けるには経験豊富な執刀医が担当することがよいです。包茎手術のペニス異常にはどんなものがあ...

≫続きを読む

包茎手術を女性はどう思っているのか?

包茎についての女性のイメージを確認するには、実際に女性から聞くことが一番ですが、正直に答えてくれる人は少ないでしょう。男性に気を使いますからね。答える側の正直な気持ちを確認しやすい包茎手術に関するアンケート調査があります。アンケート調査結果からは女性は治療に対して前向きであることがわかりました。女性...

≫続きを読む

切らない包茎手術と切る包茎手術を徹底比較

切らない包茎手術も切る包茎手術と同様に、亀頭を露出させ、包茎症状を改善することができます。それぞれの包茎手術の大きな違いは包皮を切除するかどうかです。切らない包茎手術とは?一般的な包茎手術は、長茎部の余った包皮を切除することで亀頭を露出させる方法を取りますが、近年注目を浴びているのが切らない包茎手術...

≫続きを読む

包茎手術でぼったくりに合わない方法とは?

包茎手術でも美容外科クリニックなどのようにぼったくりは存在します。特に多い事例として高額請求になりやすい二つのパターンを知ることで、事前にぼったくり対策を行う事ができるでしょう。事前の準備さえできればぼったくりは十分回避することができるんです。包茎手術でぼったくりってあるの?信頼のおけないクリニック...

≫続きを読む

最安値の包茎手術は良いクリニックなのか?

格安の包茎手術がすべて良くないわけではありません。施術位置や仕上がりの綺麗さを十分確認する必要があります。求めているペニスを手に入れるには、値段だけでなく実績や手術内容を確認する必要があるんです。包茎手術費費用が格安のクリニックは良くないの?包茎手術の費用が格安となるクリニックには高いクリニックと比...

≫続きを読む

包茎だと妊娠に弊害が!?包茎でも子供ができるのか?

射精ができれば子供はできます。なので、包茎によって子供ができないといった弊害はありません。ただし、不妊治療を行っているのであれば、不安要素を取り除く意味でも包茎の治療は精神的効果が見込めます。また、そのまま性行為を行うことによるパートナーへの弊害もあるんです。包茎でも子供を作ることはできるの?包茎で...

≫続きを読む

子供が包茎に!包茎を治療したほうがよい年齢とは?

生まれた時には全員包茎です。成長に伴って包茎は改善されていきます。生まれてすぐに包茎という診断はされませんが、ある時期から治療が必要になります。ペニスの成長の時期、セックスへの体験率などから具体的な治療年齢を整理します。いつから包茎になってしまうのか?新生児では100%包茎ですが、医者も生まれてすぐ...

≫続きを読む

ステロイド軟膏や薬で包茎が治るのは嘘?本当?

塗り薬での包茎治療は全く一般的ではありません。一部の医師では皮膚を軟らかくするという効果も説明されていますが、実際に薬で完治できたという報告は公にはされていません。特にステロイド軟膏を使い続けると皮膚が傷んでしまいます。包茎の完治を目指すなら、包茎手術が最も効果的です。塗り薬で包茎の治療ができるの?...

≫続きを読む